自作とbios

ギガバイト社は、台湾に本社工場を置く、マザーボード等のパソコン部品を作成している会社です。

日本では、日本ギガバイト社が、ギガバイト社製のマザーボードや、グラフィックカード、CPUクーラーやケースなどの販売を行っております。

ギガバイト製のマザーボード等の製品は、以前、英語のマニュアルで、使用するのは少し大変でした。

現在は日本語マニュアルが付いていますし、日本ギガバイト社のサイトも充実してきているので、パソコンの組立て知識が、利用しやすいと思います。

ギガバイト製のマザーボードの特徴として、青い基盤です。(ギガバイトのマザーのかっこよさはここにもあります)

最近のギガバイトのマザーボードは、サイレンとパイプにより、冷却性を高めています。

また、biosに、アットバイオスを使用していますので、比較的、初期設定もやりやすいマザーボードではないかと思います。

最新のドライバーなども、日本ギガバイト社のウェブサイトにて、確認ダウンロード出来ますので、メンテナンス製も優れています。

チップセットなどのドライバーの更新により、今まで使用できなかったパーツを利用できるようになったりします(ギガバイト社等のサイト確認)

但し、新しいドライバーは、検証数が少ないことから、問題が発生する場合もあります。

最近は、パソコンショップ等で、独自の組立てマニュアルも作成してあり、無料で下さるところもありますので、自作チャレンジして見たい方はどうぞ!!

biosは、その設定により、起動しなくなる事がありますので注意が必要です。ギガバイト社のマニュアルとショップのマニュアルをよく確認して下さい。

尚、ほとんどのbiosは、英語で表示されます。ショップのマニュアルと、実際のバイオスのタイプが違う場合には、項目をよく確認する事が大切です。

biosの設定(若しくはバグ等)により、起動しなくなったパソコンは、cmos クリア(ギガバイトマザーの説明書確認)にて、初期値に戻す事が出来ます。

但し、設定値が、初期値に戻りますので、再設定が必要です。

最近のマザーボードはギガバイト社の物だけでなく、比較的、自動で拾ってくれる部分が多く、接続するパーツ次第で、初期設定無しで、稼働するマザーボードもあります。